未分類 0 Comments

薬剤師の職場を考えたとき、現在では調剤薬局や病院、医薬品メーカーだけではありません。法律の改正により、ドラッグストアなども活躍の場として大いに期待されているのです。現在、薬事法により、ドラッグストアでも第一類医薬品を販売することはできます。しかし、薬剤師が使用方法の情報提供ができる状態での販売に限られており、薬剤師がいなければ販売することができないのです。これは義務化されており、各ドラッグストアでは、積極的に雇用を進めているといっていいでしょう。

ただし、薬剤師としての資格から考えれば、ドラッグストアで医薬品の指導を行うのは問題がなくても、接客の経験はほとんどないというのが大半です。それも、ドラッグストアとしては、店長候補といった中核を担うメンバーとして募集をかけている点に注意しなければいけません。

給与水準が他の社員とは違い、資格に対する手当まで考えたときに、かなり高額になるということがあります。それだけの対価を払う以上、接客や管理の知識もつけてもらい、将来的には管理職として店長を任せるというのは、当然の流れといっていいでしょう。そのためには、かなりの知識をつけていかなければいけません。それまでの薬の知識とは、まったく畑の違う知識で、店舗管理から財務管理まで様々な分野を習得しなければ、管理職として働くことはできないでしょう。待遇はかなり高いレベルにはなりますが、それだけ苦難もあるのだということを理解して転職しなければいけない選択なのです。

未分類 0 Comments

薬剤師の活躍の場といえば、一番は薬局です。色々な形がありますが、調剤をすることができるのですから、適切な場所であるといっていいでしょう。

薬のスペシャリストとして活躍できることから、病院内でプロジェクトチームに入ることもあります。医師や看護師、理学療法士などとチームを組み、患者と向き合うことにありますが、薬のスペシャリストとして、知識を有効に使える仕事になるでしょう。単に調剤的なことだけではなく、服薬指導に至るまで、患者と直接触れ合いながら仕事をすることができます。

薬ということで、製薬会社に勤めるケースもあります。薬の開発に携わる例もありますし、MRとして活躍する方法もあるのです。新薬の開発などでは、薬剤師の能力を如何なく発揮して行くことができるでしょう。MRの場合には、薬の情報のスペシャリストであるのにもかかわらず、薬剤師の資格取得者はほとんどいないのが現状です。薬の専門知識を持った薬剤師は、MRとして他業種から転職してくるよりも、はるかに即戦力になれる可能性を持っているのです。調剤などに携わる薬剤師とはかなり違った働き方になりますが、知識を有効に使うという点では、どの仕事も適職であるといえるでしょう。

未分類 0 Comments

薬剤師といえば、病院内の薬局や、併設されているような門前薬局で働いているイメージがあるでしょう。薬剤師はその名の通り、薬の専門家であることから、薬局で調剤を担当していることは間違いありません。ですが、これは数多くある薬剤師の職場の一部でしかありません。薬に対する知識は、医師も助言を求めるほど高いのが薬剤師です。それまで多くの知識を蓄え、資格取得を目指してきたスペシャリストですから、他の職業の追従を許しません。

薬剤師の職場というと、残業も夜勤もなく、一定時間の就業で働くことができるといえます。ただし、これは良材薬局などの例で、院内薬局の場合はあてはまりません。病院内では、時間帯も調剤薬局とは違います。ナースステーション詰めであれば、看護師と変わらないシフトで仕事をするようになりますので、残業もあれば夜勤もあるのです。

このように、薬剤師の仕事は多岐にわたり、様々な条件のもとで働くことができます。薬にかかわることは、実に多くあり、活躍の場はとても広いのです。患者に対して薬を出すといった、誰もが持っている概念ではない仕事もたくさん存在します。資格を持っていれば、転職を考えたときに今以上生かせる場所はないかと思うでしょう。利用する側から見ても、こんな場所で活躍しているのかと思えば、安心できることもたくさんあるはずです。そういった薬剤師の職場を紹介していますので、参考にしていただければ幸いです。