薬のスペシャリスト

未分類 0 Comments

薬剤師の活躍の場といえば、一番は薬局です。色々な形がありますが、調剤をすることができるのですから、適切な場所であるといっていいでしょう。

薬のスペシャリストとして活躍できることから、病院内でプロジェクトチームに入ることもあります。医師や看護師、理学療法士などとチームを組み、患者と向き合うことにありますが、薬のスペシャリストとして、知識を有効に使える仕事になるでしょう。単に調剤的なことだけではなく、服薬指導に至るまで、患者と直接触れ合いながら仕事をすることができます。

薬ということで、製薬会社に勤めるケースもあります。薬の開発に携わる例もありますし、MRとして活躍する方法もあるのです。新薬の開発などでは、薬剤師の能力を如何なく発揮して行くことができるでしょう。MRの場合には、薬の情報のスペシャリストであるのにもかかわらず、薬剤師の資格取得者はほとんどいないのが現状です。薬の専門知識を持った薬剤師は、MRとして他業種から転職してくるよりも、はるかに即戦力になれる可能性を持っているのです。調剤などに携わる薬剤師とはかなり違った働き方になりますが、知識を有効に使うという点では、どの仕事も適職であるといえるでしょう。