ドラッグストアで働く

未分類 0 Comments

薬剤師の職場を考えたとき、現在では調剤薬局や病院、医薬品メーカーだけではありません。法律の改正により、ドラッグストアなども活躍の場として大いに期待されているのです。現在、薬事法により、ドラッグストアでも第一類医薬品を販売することはできます。しかし、薬剤師が使用方法の情報提供ができる状態での販売に限られており、薬剤師がいなければ販売することができないのです。これは義務化されており、各ドラッグストアでは、積極的に雇用を進めているといっていいでしょう。

ただし、薬剤師としての資格から考えれば、ドラッグストアで医薬品の指導を行うのは問題がなくても、接客の経験はほとんどないというのが大半です。それも、ドラッグストアとしては、店長候補といった中核を担うメンバーとして募集をかけている点に注意しなければいけません。

給与水準が他の社員とは違い、資格に対する手当まで考えたときに、かなり高額になるということがあります。それだけの対価を払う以上、接客や管理の知識もつけてもらい、将来的には管理職として店長を任せるというのは、当然の流れといっていいでしょう。そのためには、かなりの知識をつけていかなければいけません。それまでの薬の知識とは、まったく畑の違う知識で、店舗管理から財務管理まで様々な分野を習得しなければ、管理職として働くことはできないでしょう。待遇はかなり高いレベルにはなりますが、それだけ苦難もあるのだということを理解して転職しなければいけない選択なのです。